匠本舗さんのホームページをみていたら、「トゲズワイガニ」なるカニの取り扱いを始めたと書いてありました。
トゲズワイガニはオホーツク海でも深いところにいるので漁が難しいのだそうです。

匠本舗さんの解説によると、繊細な身が特徴とあります。

ついでにオホーツク海の蟹の種類をまとめてみました。

カニの種類 水深 特徴
ズワイガニ 170~350m 日本では一番メジャー。オピリオ種とも呼ばれる。甘みがあり食べやすい。
大ズワイガニ 50~600m バルダイ種とも呼ばれる。味は濃厚で食べ応えあり、あまり市場にでまわらない。
トゲズワイガニ 600~900m ズワイガニの仲間だが深い海域にいるのであまりでまわらない。繊細な身が特徴
紅ズワイガニ 800~2000m 味の劣化が早く生で流通することがほとんどない。鮮度のいい紅ズワイガニの刺身が一番美味しいという漁師さんは多い。
タラバガニ 60~130m 大きい!口の名kではじける食感。大味かとおもうと繊細な甘みあり。
毛ガニ 60~120m 小さい体にぎゅっとつまった濃厚な風味。通好み。濃厚なみそと日本酒は絶妙な組み合わせ。

 

一口にカニといっても、こんなに種類があるんですね! 匠本舗さんの通販ページでは、トゲズワイガニを含むすべてのカニが扱われています。

© 2019 カニ 通販 rss